【松本民芸館】松本民芸の歩み


【松本民芸館】松本民芸の歩み

菊之湯から車で約10分、長屋門の石畳を抜けると姿を表す「松本民芸館」。
趣き溢れる古民家の館内には、日本・世界の民芸品約6,800点が収蔵されています。
多数の収蔵品、建物、土地は、柳宗悦氏の民芸運動に共鳴した「丸山太郎」氏が、創設・松本市に寄贈しました。
松本ならではの歴史と文化を伝えてくれる、稀有なコレクションをご覧になってください。


【松本民芸館】障子とやかん

【松本民芸館】館内様子

【松本民芸館】世界の櫛

【松本民芸館】箪笥

【松本民芸館】豆皿

展示作品には説明書きがありません。
これは丸山太郎氏の「知識で物を見るのではなく、ただそのものの美しさを見てほしい」という想いがあるためです。
庶民の日常品や陶磁器、染色物、箪笥など、丸山太郎氏の審美眼にかなった
名もなき職人たちの精緻な手仕事を、感じるままに受け止めてください。



【松本民芸館】100年前のイギリス製チェア

【松本民芸館】アンティークチェアと民芸調マット

【松本民芸館】だるまと女性

【松本民芸館】子どもたちに宛てた手紙絵本

【松本民芸館】外庭

菊之湯のロビーにも置かれる100年前に作られたイギリス製チェア、
丸山太郎氏が子どもたちに宛てた「手紙絵本」なども展示されています。
新緑の季節には庭がとても美しく、散策も1つの楽しみです。



美術館の紹介

松本民芸館
営業時間 09:00〜16:30(閉館 17:00)/ 年末年始・月曜日定休(祝日の場合は翌日休み)/ TEL.0263-33-1569 / 長野県松本市里山辺1313-1
「松本民芸館」は、中町で「ちきり屋工芸店」を営んでいた故・丸山太郎氏が、柳宗悦氏の民芸運動に共鳴し、昭和37年に創設、昭和58年には収蔵品を松本市に寄贈しました。なまこ壁の蔵造りで建てられた古民家風の造りで、松本市郊外の雑木林に囲まれた静かな場所に佇みます。


2014年07月31日(木)|未分類
松本・浅間温泉の宿泊なら古民家造りの料理宿 菊之湯へ

掲載の記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます

PAGE TOP